練馬区 耳鼻科 ながにし耳鼻咽喉科クリニック 桜台 江古田
2017/6/21
  • 7月11日(火)午後は休診になります。午前は通常通り診療いたします。
  • 花粉症
    治療の基本はクスリですが、効果と眠気などの副作用は個人差が大きく、自分と相性の良いクスリを使うことが大切です。昨年のクスリは参考になりますので、お薬手帳がある方は是非ご持参ください。
  • 音声外来
    山王病院の東京ボイスセンターでは、プロ歌手、保育士・教職員、アナウンサー・声優など音声が特に重要な方を診察して参りました。
    また、慶應義塾大学病院耳鼻咽喉科学教室に在籍していた時は、喉頭研究班に所属して喉頭・頚部・音声の診療と研究に携わってきました。
    まず喉頭内視鏡でていねいな診察を行い、画像を見ていただきながら説明します。内服薬・吸入薬・点滴やネブライザー吸入で改善が期待できる場合は当院で治療を行い、手術やリハビリ的な音声治療が必要な場合は専門施設に速やかにご紹介します。
  • 睡眠時無呼吸外来(予約制)
    睡眠時無呼吸は、のど・鼻・くちと言った空気の通り道(気道)のどこかが閉じてしまう場合に発生し、いびきは気道が狭くなる場合に発生します。まず、電子内視鏡で気道の広さを確認します。また、睡眠検査機器の貸し出しを手配して、自宅で睡眠中の状態を検査します(検査機器の貸し出しは予約制です。)検査結果によっては追加検査が必要になる場合などもあり、その際は専門施設にご紹介します。
  • 補聴器外来(予約制)
    補聴器は、メガネと違い使ってすぐによく聞こえるようになる器械ではありません。なぜなら、補聴器を使いながら何回か調整をしなければならないからです。したがって、補聴器は、使われる方の理解と意志が必要になります。当院は、医師と信頼できる補聴器業者が一緒になって患者さんをサポートします。
    補聴器の効果が期待できない場合もありますので、まず通常の診察と聴力検査を行います。効果が期待できそうな場合は、まず貸し出して実生活で使っていただき、何回か調整を行います。補聴器は高価であり、効果を感じられた方だけにご購入いただきます。なお、貸し出しと調整は無料です。
    また、補聴器との接触で耳に炎症がおきたり、耳あかがたまって聞こえにくくなることもありますので、1~6ヶ月ごとの定期的な耳の診察も大切です。
    他で購入された補聴器がうまく使えない場合などもご相談ください。
  • 予防接種(予約制)
    受付後にワクチンを取り寄せますので、まずは受付時間にお電話でお気軽にお問い合わせください。診療時間であればいつでも接種できます。
    三種混合(DPT:ジフテリア・百日咳・破傷風)、二種混合(DT:ジフテリア・破傷風)、麻疹・風疹混合(MR)、麻疹単独、風疹単独、日本脳炎、ヒブ(Hib、インフルエンザ菌b型)、小児用肺炎球菌(プレベナー)、水ぼうそう(水痘)、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)などを扱っています。
診療方針

1.受診回数をできるだけ少なくすることを目指しています。

2.内視鏡で観察した所見は、モニターでお見せしながら説明します。

3.治療に際しては患者さんのご要望を考慮します。

4.専門外の病気や当院で対応困難な病気は、他のクリニックや病院を
  速やかにご紹介します。 診療案内

耳鼻咽喉科は、中耳炎、花粉症、扁桃腺炎などよく知られた病気だけでなく、くびの出物・腫れ物から睡眠時無呼吸症候群やめまいなど幅広い範囲の病気を対象にしています。耳(みみ)、喉(のど)、鼻(はな)のトラブル、カゼ(風邪)、インフルエンザ予防接種など、お気軽にご来院・ご相談ください。

耳(みみ)、顔(かお)、喉(のど)、鼻(はな)、口(くち)のトラブル
ご案内

ながにし耳鼻咽喉科クリニック

〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-26-6
D・S・Tクリーンカーム1階
Tel:03-5912-0087

診療時間
診療時間 日・祝
午前 
10:00 ~ 1:00
午後 
3:00 ~ 6:30

なお、受付時間は診察開始15分前から
診察終了5分前まで
となっております
ので、ご了承ください。

予約制はありません。
直接来院にての受付となります。

初診時と毎月の月初めには
必ず保険証をお持ちください。
また、保険証に変更があった
場合は必ずお知らせください。

駐車場はありません。
コインパーキングが近くにあります。

クレジットカードはご利用いただけ
ません。

お薬手帳をお持ちの方は
ご持参ください。

◎休診日◎
水曜日、土曜日午後、日曜祝日
スマートフォン、iPhone用QRコード